就職祝いにもらった印鑑

チタン製イメージ

現在、私は新米社会人として毎日忙しい日々を駆け抜けています。
第一志望であった現在の会社から内定を頂き、とても嬉しかったことを今でも鮮明に覚えています。

その時に、嬉しいことがもう一つありました。
それは、両親から就職祝いで印鑑をもらったことです。
その印鑑は、材質からケースにいたるまで、私に合うものをと母が選んでくれて、また苗字ではなく名前が彫られたものでした。

当時は印鑑などほとんど使うことがなかったので、恥ずかしながら、遊び盛りの私としてはもっと他のもの、例えばヴィトンのバックとかシャネルの香水とか大人が持っているようなものがほしかったんです。親の心、子知らず、ですね。

でも、実際に社会人となりその印鑑を使う場面が増えた今は、その印鑑を持っていることをとても誇らしく感じます。
材質はチタン製のものでアレルギー症の私と相性がいいとされている印鑑、私が結婚し苗字が変わっても使い続けられるように名前で彫られている印鑑。
母の私に対するさまざまな思いが込められていると思うと非常に嬉しくて仕方がありません。

あまり印鑑を使わない学生の時には感じられないことでしたが、印鑑を使う機会が増えた今は、私自身が責任ある大人になったことも感じます。

印鑑を使うたびに母の思いを感じることができる私は、大人の仲間入りをしたのだとちょっと自画自賛しています。
責任ある大人になった証の一つとして、名前だけの印鑑を持つのもいいものですよ。

〔WEBサイトのご紹介〕

封筒印刷ならシンプルな価格、豊富な品揃え、安心サポートのスピード封筒館にお任せ!
http://www.order-futo.com/

ページの先頭へ