汚れる前の予防も大切

実印イメージ

印鑑にはいろいろ種類がありますが、役所に印鑑登録したものを実印と言います。
この実印ですが、一般的な苗字の印鑑だけでなく名前のみの印鑑も登録できます。
銀行など金融機関での届出印も同じです。私はこの名前のみの印鑑を持っています。

それは就職祝いでもらった実印・銀行印・認印のセットのものです。
母からもらったものですが、結婚して苗字が変わってからも使えるようにと名前のみで作ってくれました。

名前の印鑑なんて公的な書類に使えるのかな、銀行に登録できるのかなと思い、調べてみたのですが、これも使えるのだそうです。
結婚するとほとんどの女性は苗字が変わると思います。

これから印鑑を作ろうと考えている女性は名前のみで作ることをお勧めします。
それに、なんとなく普通の苗字の印鑑より名前のみの方が愛着がわきます。
本当に世界にひとつだけ、私だけという気持ちが強くなり、より大事にしています。

ただこの印鑑を使って会社でちょっと恥ずかしい思いもしました。
初めて認印として書類に名前の印鑑を押したら、上司にちょっと笑われてしまいました。

ずらっと苗字が並ぶ中でひとつ名前があって浮いている感じでした。
気にしなくてもよかったかもしれませんが、まだまだ仕事に慣れない私はこれを堂々と使っていられなかったので、苗字だけの安い三文判を買いました。

気にならない人もいるかもしれませんが、時と場合によって苗字と名前の印鑑は使い分けた方がよさそうです。

ページの先頭へ