実印を彫ってもらう場合

実印イメージ

実印を彫ってもらう場合、たとえば自分の名前が「仙台五郎」だったとします。
「仙台」が苗字で「五郎」が名前です。

この場合、「仙台」という印鑑で登録できるのですが、じつは名前だけの「五郎」という印鑑でも登録できます。
男女問わず、婚姻などで苗字が変わってしまう可能性がありますので、苗字が入った印鑑は結婚で苗字が変われば使えなくなってしまいます。

ところが名前は生涯ずっと変わりませんから、名前だけの印鑑を実印にしておけば、その印鑑をほぼ一生、実印として使用することができます。
自分の娘さんへのプレゼントに名前だけの実印を作成し送るのもいいかもしれません。

当然、苗字と名前の両方入った「仙台五郎」と彫ってある印鑑でも登録できます。
さらに面白いパターンでいうと、氏の頭文字に名の頭文字を組み合わせて印刻した「仙五」という実印も、仙台五郎さんの場合は作れます。

また、苗字の後に名前の頭文字を印刻したものも登録できます。「仙台五」となります。

反対にダメなパターンもあります。苗字の末尾字と名前の末尾字を組み合わせて印刻したもので、仙台五郎さんの場合「台郎」という印鑑ですね。

それと氏名の全部、又は一部をひらがなあるいはカタカナに書き替え印刻したもの「せんだい」、「ゴロウ」や 名をひらがら、又はカタカナに書き替えて印刻したもの「仙台ごろう」、「仙台ゴロウ」 字体が住民票と異にされているもの「仙代」「千台」なども全部ダメです。

ページの先頭へ